芦屋市立図書館ホームページ
本のありかのみつけかた−児童開架室
三つのしゅるい分け。子どもの本の部屋は、大きく三つに分けています。

★ ひとつ目は、「絵本のコーナー」です。
★ ふたつ目は、「読み物の本のコーナー」です。
★ みっつ目は、「ちしきの本のコーナー」です。


絵本のコーナー

 絵本には、赤いラベルで「E」という記号を付けています。記号といっしょにカタカナを一つつけています。このカタカナは本の題名からとっています。
 「あかずきん」など、同じ題名の本があつまりやすくしてあります。
 絵本の中で、小さな絵本は、おはなしのへやの入口あたりに置いています。
 コンピュータで調べたときには「児童小型本」と表示されます。
 小型絵本には、左のような★印の赤いシールがはってあります。


読み物の本のコーナー

 読み物の本には、青いラベルで「Y」という記号を付けています。
 記号といっしょにカタカナを一つつけています。絵本とちがってこのカタカナは、作者の名前からとっています。ですから、同じ作家の本が、近くにならんでいるはずです。
 絵本とは違って、同じ作家の本を続けて読む人が多いので、読み物は作者別に並べています。
 外国の人のときは「ビクトル・ユーゴー」さんは、家族の名前の「ユ」になります。気をつけて下さい。
 昔話など、なかには題名からカタカナをつけているものもあります。 


ちしきの本(数字の本)のコーナー
十進分類法(NDC)
図書館の本は、日本十進分類法(NDC)によって整理されています。
十進分類法では、あらゆるテーマを9つにわけています。そのどれにもあてはまらないテーマを「0」として、合計10の「類」に分けます。
1 哲学
2 歴史
3 社会科学
4 自然科学
5 技術
6 産業
7 芸術
8 言語
9 文学

の9つで、どれにもあてはまらない0類を「総記」と呼びます。
 それから、それぞれの「類」を同じように10に分けていく作業を繰り返します。
 大人の本は、3けたの数字で分類しますが、こどもの本は100までの数字で分類しています。
 芦屋市立図書館では、わかりやすいように、ラベルの色でも分類しています。
 これで、本の背についている2けたの「分類番号」が作られているのです。ですから、同じ分類番号には似たようなテーマの本が並ぶのです。
 0類の情報工学、図書館などと、1類の宗教、神話などは、灰色のラベルです。
 「01」は図書館について書いた本です。
 2類の歴史、伝記、地理の本はオレンジのラベルです。
 「28」は、伝記です。
 3類の社会・政治は、茶色のラベルです。
 「36」は社会です。
 4類の自然科学は黄色のラベルです。
 「45」は地球科学です。
 5類の技術と6類の産業は黒のラベルです。
 「59」は家庭科の本で料理や手芸などがあります。
 7類の芸術は黄緑のラベルです。
 「78」はスポーツです。
 8類の言語は紫のラベルです。数字の本の最後ですので、読み物の本のコーナーに続いています。
 「83」は英語です。


調べ物の本のコーナー
 丸い柱のそばに「調べ物の本」のコーナーがあります。

 調べ物の本のほとんどにはこんなシールがはってあります。読む本ではなく、使って調べる本ですので、図書館から持ってかえることは出来ません。
 調べてノートにまとめたり、コピーして下さい。
 借りて帰りたいときは、同じ本、似たような本、で持って帰れるものもありますから、カウンターで聞いてみるといいでしょう。

本を見つけるには、まず「請求記号」です。
そのつぎに、書名、著者名が必要です。つまり、本の背に書かれている3種が揃っていないと見つけることはできません。

バーコード
請求記号とは別に、表紙に「資料番号」(バーコード)をつけています。これは、図書台帳の番号にあたります。
受け入れた順の通し番号になっているので、同じ番号の本は一つとしてありません。貸出、返却の時にバーコードをなぞるのは、資料番号で本を特定するからです。
 この番号では本がどこにあるかを探すことはできません。新しいか古いかがある程度判断できるぐらいです。
こども→本のありか
INDEX
本のありか
 つぎに、おいてある場所です。
 えほん、小がたえほん、読み物、数字の本は、下の図のように分けておいてあります。

 子どもの本は、同じ本を何冊もおいていることがあります。そのうちの半分ほどを書庫にしまっているものもあります。たなにないときは、コンピュータで調べるか、カウンターで聞いて下さい。書庫の本は、請求記号と書名、作者名をメモしてカウンターに言ってください。書庫から取ってきてお渡しします。
本のありかの見つけ方

 「こどもの本のへや」は下の図の色分けのように並んでいます。
このほかに、震災関係図書、小型本、書庫など別置きの本がありますので、コンピュータで調べるの時にどこに置かれているのかをよく見ましょう。また、図書館本館ではなく、分室など別のところに置いている本もあります。「館」「種別」「所蔵場所」などを気をつけて見てください。
本の並び方は「千鳥足」
本だなの中での速い見つけ方
 本だなの中での並べ方も「千鳥足」です。
 左上から右へ、
 次の段の左から右へと
 上から下へ並べてあります。
 大きな本は一番下の段に置いてあることがあります。