芦屋市立図書館ホームページ
ブックスタート おすすめの絵本リスト
NPOブックスタート支援センターが選んだ初めて出会う絵本
リンクをクリックすると当館の所蔵情報が表示できます。
題名 作/絵/訳 ブックスタート支援センターの推薦のことば
ちいさなうさこちゃん
(英語版あります)
文・絵/ブルーナ
訳/石井桃子
シンプルな線とはっきりした色づかい、赤ちゃん絵本の定番です。いつでも正面 からこちらを見ていてくれるうさこちゃん絵本のシリーズ第1作。
たんたんぼうや 文/神沢利子
絵/柳生弦一郎
やぎゅうげんいちろうさんの元気一杯のイラストで、ページをめくるごとにどんどん仲間が増えていきます。歌のようなリズムのある文章で、とにかく明るく楽しく読める絵本です
いないいないばあ 文/松谷みよ子
絵/瀬川康男
長く日本の赤ちゃんに愛されつづけている「いないいないばあ」の絵本。赤ちゃんでも絵本が楽しめることに保護者が気づくきっかけになります。
じゃあじゃあびりびり 文・絵/まついのりこ 「じどうしゃ ぶーぶーぶーぶー みず じゃあじゃあじゃあ」
様々なものの出す音が、赤ちゃんの大好きな繰り返し音のことばで表現されています。
くだもの 文・絵/平山和子 本物そっくりの果 物が、「さあどうぞ。」と差し出されます。おいしそうで思わず食べたくなってしまう、赤ちゃんといっしょに読んで楽しい絵本です。
もう おきるかな? 文/松野正子
絵/薮内正幸
眠っている動物の親子の毛並みや息づかいが伝わってくるような絵本です。その暖かさや穏やかさを感じながら本を介して赤ちゃんと楽しくおはなしができます。
おつきさまこんばんは 文・絵/林明子 シリーズの中で最も赤ちゃんに愛されている絵本のひとつ。小さな絵本の中にも、様々な要素が盛り込まれ、ドラマがあります。
がたんごとんがたんごとん 文・絵/安西水丸 赤ちゃんがよく知っているほにゅうびんやスプーンなどが走ってくる汽車に乗り込みます。「がたんごとんがたんごとん」とリズム感のあることばと、繰り返しのおはなしの展開が楽しい絵本。
ねこがいっぱい 文・絵/スカール
訳/やぶきみちこ
「おおきいねこ と ちいさいねこ ふとったねこ と ほそいねこ」赤ちゃんの身近な動物である猫が、たくさん登場します。アメリカの作家の素敵なセンスが光ります。
いただきまあす 文/渡辺茂男
絵/大友康夫
くまくんがスプーンやフォークを使って上手に食事をしようとする時の失敗の様子がユーモアたっぷりに描かれています。子どもはくまくんに共感し、大喜びで楽しみます。
たまごのあかちゃん 文/神沢利子
絵/柳生弦一郎
「たまごのなかでかくれんぼしてるあかちゃんはだあれ?でておいでよ」いろんな種類の動物が鳴き声といっしょに飛び出します。かくれんぼ・いないいないばああそびの変形です
リズム 文・絵/真砂秀朗 アフリカの太鼓の音やリズムを文字で表した絵本。読んでいると自然と体も動いてきます。赤ちゃんが聞き取りやすい「パピプペポ」の音もたくさん入っています。
くまのテディちゃん 文/ヤヌス
絵/デュボアザン
訳/湯沢朱実
ページをめくるごとに、テディちゃんがもっている素敵なものをひとつずつ見せてくれます。赤ちゃんがことばを聞き、それを目で確かめる喜びを感じることができる本。1才過ぎから。
しろくまちゃんのほっとけーき 文/森比左志・わだよしおみ絵/若山憲 しろくまちゃんといっしょにホットケーキを作ります。おいしそうなホットケーキのページを舐めてしまったり、お兄ちゃんお姉ちゃんもいっしょに楽しめます。1才過ぎから。
はねはね はねちゃん 文/中川李枝子
絵/山脇百合子
子どもたちの大好きなやまわきゆりこさんのイラストで、はねちゃんが元気にたいそうします。色々な動物たちやはねちゃんといっしょに、赤ちゃんもまねっこします。1歳半くらいから
どうすればいいのかな? 文/渡辺茂男
絵/大友康夫
洋服を着るくまくんが次々とおこす愉快な失敗に子どもたちは大喜び。「どうすればいいのかな?」1歳半くらいから楽しめます。
したく 文・絵/オクセンバリー 英国のブックスタートにも選出された赤ちゃん絵本。赤ちゃんの手の大きさに合わせ、赤ちゃんがページをめくりやすいようにボードブック仕様になっています。
こども→絵本→ブックスタート
INDEX