芦屋市立図書館ホームページ
芦屋ゆかりの作家・小川洋子の作品

 小説「ミーナの行進」は、なんと1972年の芦屋が舞台。現在の図書館打出分室も登場するんです!!執筆当時は、芦屋に住んでおられたんですよ。

全国の書店員が「お客様にも勧めたい」と思った本を選び投票する「本屋大賞」の第1回受賞作で、映画化もされた『博士の愛した数式』、泉鏡花賞受賞作『ブラフマンの埋葬』などが有名ですね。
 アンダーラインのあるリンクをクリックすると、芦屋市立図書館の所蔵情報が表示されます。
所蔵作品 備考
小川洋子全作品一覧 新しいもの順です。書名をクリックすればさらに詳しい情報がご覧になれます。
ミーナの行進 平成18年度谷崎潤一郎賞受賞作品。
打出の図書館にいた背の高いお兄さんって・・・?
博士の愛した数式 平成16年度読売文学賞、本屋大賞受賞作品。
2003年に出版され、映画も大ヒットした代表作。
ブラフマンの埋葬 平成16年度泉鏡花賞受賞作品。
ブラフマンってどんな動物だったんでしょう?
妊娠カレンダー 平成2年度芥川賞受賞作品。
妊婦さんは読まないほうが・・・!?
揚羽蝶が壊れる時
「完璧な病室」に収録
昭和63年度海燕新人文学賞受賞作品。
薬指の標本 この小説は、フランスで映画化されました。監督・脚本はディアーヌ.ベルトラン。
上記文学賞HP
谷崎潤一郎賞 中央公論新社HPの右側Topicsにリンクあり
読売文学賞 yomiuri-onLine
本屋大賞 書店員が選んだ一番売りたい本
泉鏡花文学賞 金沢市が主催する文学賞
芥川賞 文芸春秋社HP
海燕新人文学賞 第12回(平成5年)をもって終了
特集→芦屋ゆかりの村上春樹
INDEX